シェアする

VRアトラクションZERO LATENCY VRをプレイしにジョイポリスに行ってきた。

シェアする


こんにちわ、しょごたんです。

昨今VRが騒がれていますよね、PSVRしかり、ViveやOculus Riftとか・・
アメリカではVRのテーマパークも開発中ってことらしいですけど、日本でもVRを使ったアトラクションが東京ジョイポリスにオープンしました。
オフィシャルサイトや各種レビューなどを見ていてもう興味ひかれまくり、面白そうじゃないですか?!
そこに同僚といってきましたのでレポートを書いていこうと思います。

あえて結論からいいます。

クッソ楽しかったです!wwww

メンバー紹介

まず今回参加したイカしたメンバーを紹介します。

image 人物紹介:しょごたん
ゲーム狂、去年のゲームショーでPSVRの試遊でホラーゲームをプレイしてひどい悲鳴をあげてからVRに興味津々
image 人物紹介:允

今回の企画にのってきたゲーム好き。Facebookで軽く行きたいねーって話してから数日後、
催促リマインド送ってくるくらい行きたかった様子

image 人物紹介:むった

允が連れてきた同僚エンジニア、Viveプレイ経験もありVRに詳しい。
サンドウィッチマンの富沢に激似

image 人物紹介:ハル

ウチの後輩エンジニア、たまにyoutubeにゲームプレイ動画をアップしている。
リアクションが面白い。

image 人物紹介:シスコ

ウチの後輩エンジニア、ダンスが得意ゆえ有望
数日前から風邪をひいてて色々心配

image 人物紹介:はっちゃん

ウチの後輩エンジニア、髭。
テンションが上がると「オーシェイ!」っていう。

というメンバー構成で行きました。

ZERO LATENCY VRとは

ZERO LATENCY社(オーストラリア)が開発した“世界初”となるフリーロームで6人同時プレイが可能なVRアトラクションです。

今までのVRはVR装置を装着してその場でプレイする形でしたが、こちらは一定空間内をVR装置を装着して自由に動き回ることで目の前に広がるVR世界を実際に歩いてプレイすることができます。

つまり、目の前に広がる世界に文字通り足を踏み入れ体験することができるのです。
一定空間とはいえ実際に目の前に広がるバーチャル空間への没入間は従来のそれとは比べ物にならないと思います。
これだけ聞いただけでもわくわくがとまりませんね!

事前予約制でオフィシャルサイトから登録をする必要がある

このアトラクション、東京ジョイポリスで展開してるんですが当日そのままいってもたぶんプレイできないです。
オフィシャルサイトから事前に登録予約して当日に登録者が受付することでプレイすることができます。
ただし、当日に空き枠があれば当日での受付も可能かもしれませんが、事前登録したほうが間違いないです。
最大同時に6人までプレイ可能なので、なるべく身内で6人そろえるのをお勧めします。。
これはプレイレポートで詳しく記載します。

この日は16時からの時間帯を予約しておきました。

メインイベントとなるZERO LATENCYまでは時間があったので他のアトラクションを楽しもうということになりいろいろ回りまし

た。