シェアする

漢の生き様ここにあり!アンチャーテッド海賊王と最後の秘宝が面白すぎた。

シェアする


こんにちわ、しょごです。

どうもここ最近手をつけるゲームがきな臭いものが多くなってきてしまってる気がします。
やれ敵を銃撃したり、やれゾンビっぽいクリーチャーでてきたり。。
元来驚かされるのが苦手な部類なので、ホラー系のやつやっていきなりドーン!とクリーチャーがでてきたときなんかは飛び上がるくらいなリアクションしてしまったりするので、
毎度プレイにHPと共にMPも削ってしまいます。

やれプレイ時間が昔ほど減ったのはそういうMP使ったりして気疲れしちゃうからかもしれませんね。
年齢による体力低下ゲームが面白すぎるのがわるいんです、映像もリアルですしねー、実写かなって思うくらいです。

そんな中プレイしました、アンチャーテッド4こと、海賊王と最後の秘宝!
なのでアンチャ4の感想とかをつらつらウチなりに紹介していきます。
なお、現時点ではまだクリアしてないです、終盤なのでクリア時の落ちとかはわからんですがこの時点でもマジで推薦するにはもってこいの作品ですよ、うん

ほんのすこーーーーしネタバレはしちゃいますけど、それでもおkなら見てみてください。

歴代最高のグラフィックと集大成たる演出の数々

ancher01

もうこれはプレイしてびっくりした一点ですね。
一応歴代のシリーズはすべてプレイしてきました、実は最初にプレイしたのは3作目の砂漠に眠るアトランティスだったりします。

以前いた会社の上司にオススメだよ!と言われてちょうど3作目が発売されるところだったので手をだしてみたんですが、それまでプレイしたゲームと違ってグラフィックの素晴らしさは圧倒的でした、立ち戻って1作目と2作目もプレイしましたが、それぞれ同時期に発売されたタイトルに比べてもグラフィックの細かさがすごかったし、そもそも3作目と1作目比べても古さを感じさせないのがすごかったです、Naughty Dog様様です。。

で、その4作目、3作目から比べて5年の歳月がたったこと、PS3からPS4にプラットフォームが進化したこともあるでしょうけど、それにしたってグラフィックの細かさが半端ない。
今までのゲームでも実写っぽいってのは様々ありましたけど、アンチャ4はすごい。
すごすぎてすごいしかでなかったです。

動画を見てもらうとわかります、これゲーム中の画面ですけど、どうっすか?
ちなみにこのエリア自由に動けます、自動車運転の癖に車くらいの幅の崖っぷちをズイズイ進んだりさせられます。
また、探索エリアが大幅に広がったので、本来向かうべき方向じゃないほうにも寄り道しながら進んだり、好き勝手なルートで向かう事もできたりするので、オープンワールドのような自由度もたまりませんね。。
見た目がすごいってことはそれだけゲームにのめり込んでしまうってことですねぇ。。

コミカルなやり取りや映画のようなスリリングな展開の数々に圧倒

uncharted02

上の動画で見てもらってもわかる通り、アンチャーテッドの魅力はグラフィックだけじゃなくて、キャラクター同士のアメリカナイズなコミカルなやり取りも魅力の一つだと思います。
ただただ目的だけ達成するだけじゃなくて、その中のキャラクター同士のやり取りにもついクスッとしてしまうようなやり取りがたくさん展開されます。

しかも操作によってはそれに合わせたリアクションしてくれたりもするのでより没入感も得られます。
例えば車の運転をちょっと失敗して壁や岩にぶつかったときなんかにもリアクションしてくれます。
向かう方向なんかも暗に示してくれたりもしますがそれがものすごく自然なのでわざとらしさを感じず進めることができます。

またシリーズ恒例のスリリングな展開も最高です、展開のメリハリがすごいというか。。
やばいときはやばい!って演出がプレイヤー自身もハラハラさせてくれます。
そもそもそのスリリングっぷり映画級に容赦ないんです。
現実で考えたら死ぬって!無理やって!ってシチュエーションが盛り沢山。
その点はゲームだからって言っちゃえばあれですけど、それまでの流れがまさにリアルっぽい感じなので、自然と受け入れちゃうのもアンチャーテッドマジックですよね。

増加された操作ギミックにより得られる爽快感が半端ない

uncharted03

今回の4からいくつか追加された操作ギミックがあります。

まずスニーキングが強化されて、背の高い草っぱに隠れることができるようになりました。
これにより草っぱに歩いてきた的を暗殺してそのまま草っぱに隠すこともできたりするので、より攻略ルートを考えることができます。
また、敵に索敵され具合がゲージと色で表示されるようにもなったのでどれくらい大胆に行けるかってのも可視化されてるのでプレイも効果的にできるようになってます。

他にもロープアクションが追加されており、手元のロープを使ってそれまでいけなかったところに向かったり、敵に奇襲をかけたりすることができます。
離れた高台にいる敵に対してターザンのように飛んで行って暗殺とか爽快感半端ないですよ。

ただし、それらのギミックが増えた事で敵の数や動きも油断ならん感じにはなってますけどね。。

あ、もちろんスニーキングしないでいきなりデストローーーイ!ってしても楽しいですよwww

キャラクター同士の心情の変化もリアル

uncharted04

グラフィックなど見た目だけでなく、各キャラクター同士のやり取りもみょーーーにリアルなのもいいです。

軽くネタバレしますが、主人公のネイトは歴代シリーズで出てきた記者のエレナと結婚しております。
1作目から出てきて3作目でいい感じになったりしてはいましたが、結婚して所帯を持ってるって状況になってるとは思いませんでしたね。。

作中ではそんな所帯状態のところもしっかり描写されてます、シリーズで数々の秘宝を求めて修羅場をくぐってきたトレジャーハンターが所帯を持ってそういう危ない事はしない!って感じになってます、もう普通の旦那っすよ。
仕事はそれなりに体張った事はしてますけど(これも描写あります)、ドンパチがある危ない橋を渡ることはもうしないみたいな。
そりゃ結婚したら大人しくなるってのは世の常ですね。。

さらに今回の新たな冒険をするにあたっても、行きたいけど・・立場上行けない・・けど・・みたいな夫ならではの葛藤みたいなのもあります。
これね!結婚してる世の男性諸氏ならうわああああ、わかるわああああってなりますよ!!
そういう意味で共感度も半端ないです!!
家族も大事、でもやりたい事も・・っていうこれね!!
所帯持ってる人は嫁さんと一緒にプレイするのをマジオススメします。

最後に

いかがだったでしょうか。

もう語ろうとするとガチでネタバレしにいこうとしちゃうからこの辺で止めておきます。
が、ゲーム好きな人には真面目にオススメできる一本です。

2016年上半期だけで言ったら文句なしに一番の作品じゃないでしょうかね。

余談ですが、お台場にマッスルテーマパークってのがあってそこでSASUKEの一部コースがあったのでやったことがありますが、クリフハンガーっていう、数センチの出っ張りに指の力だけでぶら下がるコースがあるじゃないですか、やってみましたけど1秒も持ちませんでしたよ。。。
当時はまだ痩せてた時期だったし、バンド全盛期だったから腕力には自身あったほうでしたけど、、あんなの常人には無理ですから。。

それでもアンチャの世界では主人公のネイト含め同行するキャラの腕力はSASUKE級なのかなって疑問は誰しもが暗黙の了解としたすところとしましょう。。。

まさに無理ゲw

まさに無理ゲw

そういうところもコミカルに見える一旦かもしれません、が、これも魅力の一つですよw

気になった方は是非プレイしてみてください、損はさせませんよ!

それでは。