シェアする

【リトルナイトメア実況プレイ】主観視点じゃないから怖くないんだもん!【その1】

シェアする


どうもこんばんわ、しょごたんです。

最近ウチの猫のチョコさんの腹?なのかおっぱいなのかがボボンとでかい。
勢い良く歩くと左右にプルプルふるわせてるの、なにそのファビュラス。

前回バイオハザード7をクリアできたわけなんですが、ゾイルートのエンディングをまだ見ていないからそっち方面をやろう。。と思ったんですけどね、、
やっぱりほら、怖いじゃないですかw
ずーっとバイオ7でMPを使ってきたので少し違うゲームにも手をだそうかなーと思ってしまったわけです。
そんな中ちょい前から話題になってたゲームを購入しました。

リトルナイトメアです!

一言で言えば死にゲーであり脱出ゲー

主人公はシックスというレインコートを来た女の子?らしです。
黄色いレインコートというと仄暗い水の底からを思い出しますけど、アレとはちがいますよ。
シックスはモウと呼ばれる船で目覚めます。
アタッシュケースのようなところから目が冷めて、おそらくこのモウからの脱出が目的になってると思います、とりあえず逃げろ、的な?

そして肝心の操作ですが、ちょっとだけ癖があると思う。
この手のゲームはLIMBOやINSIDEをプレイしたことがありますが、基本ジャンプした後は段差みたいなところは勝手に登ってくれるしつかむものがあれば掴んでくれます。
が、このゲームはジャンプした後掴みたいものがあればつかむボタンを押さないと駄目です。
若干しゃがむなどのボタンの配置が普通こっちじゃね?っていう箇所ではないので、瞬時ににげる必要もある死にゲーなのでなれるまでちょっと練習したほうがいいですね。。

敵に抗う手段は基本ない、頭だけでくぐり抜けろ。

各所に謎解き要素がありそれをクリアすることで進んで行きます。
が、特に説明のようなものは流れません、死にながら覚えろっていう死にゲーのお決まりパターンですね。
でも嫌いじゃないですよ、試行錯誤しながら進む感じは好きです。
色々考察してみたりじゃあこのプレイならどうよ?と挑んでみたりするのはワクワクしますものね。
ジャンプで届かないから椅子を持ってきたり、引きだしを引っ張って足場にしてみたり、
ときにはタイミングに合わせて操作する必要があったり、瞬発力を問われてみたりとアクション性も豊か。

また、自分の力ではどうしようもない敵もでてきてそこから隠れて進んだり油断すると即死ポイントにはまってしまったりとハラハラさせられる具合も絶妙です。
操作がシンプルな分頭をフル回転させて進んでいくので違った意味でMPは使うかもしれませんがね。

今回からまさかのPlaystation Camera導入

ひょんなことからPlaystation Cameraが手に入りました。
試しに使ってみましたが自分の周りだけ切り抜きしてくれたりとなかなかやりおりますね!

今後の配信では顔出し放送していこうと思います。
・・なんか誰かさんはヒルディの格好してやってと切望していらっしゃいますがね。。。
夜中に・・メイク、だと??

おめめわるいからメガネはふつーにしちゃいそうですけど、それくらいは許されるかしら。。

まとめ

そんな第一回配信はこちらです。

やはり主観視点じゃないって、最高ですね。。
心に余裕があるある。
とはいえリアクションしてる顔は自分で見てもなかなかにアレでしたね。。

それではまた次回もよろしくお願いします。

チャンネル登録もよろしくね!

シェアする

フォローする